8suimeiyoushi01

「八卦推命」 運勢鑑定法は、八方位の象意の吉凶で判断する全く新しい運勢鑑定法で同じ鑑定用紙で、姓名・生年月日・家相が鑑定できます。

姓名と生年月日で生まれ持った運気(先天運)が分かるので先天運を活かすことができます。

後天運である環境(家相など)の開運方法が分かるので、「凶」を避け、「吉」をつかみ運気を補うことができます。

つまり、

姓名・生年月日・家相について同時に関連性を持って鑑定でき、八方位の象意の吉凶で判断する簡単な運勢鑑定法です。

八卦推命の特徴

八卦象意(八方位象意)で判断する方法です。

8kaunki01
八方位の吉凶から、その方位の象意が「吉」と出やすいか「凶」と出やすいかを判断します。

その人自身が持っている運(先天運)は「姓名」と「生年月日」から八方位の吉凶を求めます。

そして、家相の八方位の象意を活用して開運していきます。

姓名から求める八方位の吉凶を「姓名八卦」と呼び、生年月日から求める八方位の吉凶を「月命八卦」(気学傾斜法)と呼びます。

姓名八卦・月命八卦で凶となる方位は、家相において開運のポイントとなります。

seigetu01

吉が重なる方位は吉現象が出やすく、凶が重なるところは凶現象がでやすいです。

上記であれば、結婚運・商売運・信用運は良く出やすく、後継者・後とり運は悪く出やくなります。

この場合、家相において左上の方位が「吉」であれば、姓名八卦・月命八卦の両方の吉作用を発現しやすくなります。

家相において左下の方位が「凶」であれば、姓名八卦・月命八卦の両方の凶作用を発現しやすくなります。
kasou01
家相において、左下の方位に開運調整を行い、その方位の運気を住いから受けることで、自分自身の運気の弱い部分を補うことが出来ます。

花田勝さんと花田美恵子さんの八卦推命鑑定実例の動画(前半)

>>動画の後半をみる

「八卦推命」 運勢鑑定法は、下記の3つに分けられます。

・姓名から判断する「姓名八卦」

・生年月日から判断する「月命八卦」

・開運に活用する「家相の八卦」

まず、姓名からみる「姓名八卦」を学びます。

姓名八卦だけでもかなり鑑定ができるようになります。

そして、生年月日からみる「月命八卦」を学びます。

さらに、姓名八卦と月命八卦をあわせた鑑定法を学びます。

最後に、開運方法を学びます。

>>姓名八卦の入門編を学んでみる

egaolife01