suui029

名誉運の数意の強弱での性格鑑定について紹介します。

名誉運の強弱でわかることは・・・

・直感 インスピレーション
・先見力 視野の広さ
・前後左右を見通す見識

といったことです。

名誉運の数意の出し方

「姓の最後の1字」と「名の最後の1字」の両方を除いた文字の合計です。

suuihyou

(例)

小泉進次郎さんなら

「泉」と「郎」を除く残りの文字

つまり

「小」「進」「次」の文字の画数合計

3+11+6=20

で「弱」となります。

長谷川理恵さんの場合、

「川」と「恵」を除く残りの文字

つまり、

「長」「谷」「理」の文字の画数の合計

となります。

原辰則さんの場合、

「原」と「則」を除く残りの文字

つまり、

「辰」の画数

となります。

松平健さんの場合、

「平」を除く残りの文字

つまり、

「松」と「健」の文字の画数の合計

となります。

日本の姓名判断は、

姓2文字 名2文字

が基本となっています。

ですので、

姓が1文字、名が1文字の場合、

姓の前、名の後に「仮数」というのを入れます。

八方位の姓名判断の場合、

運気を調べる時には、

年齢によって「0」か「1」を入れます。

今回紹介している性格・気質を調べる場合は、「0」を入れます。

ですから、画数計算に反映されないので、説明では省略しています。

結婚などでお名前が変わった場合は、変る前の戸籍に1番最初に入ったお名前で判断して下さい。

才能運の数意の強弱での性格鑑定の仕方

<名誉運が「強」の場合>

直観力がある。

大所高所から前後左右を見ることができる。

「先」や「まわり」が見える。

話せば理解してくれる人

<名誉運が「弱」の場合>

恐れずに行動できる。(先読みをしないから)

周りが見えないことがある。

名誉運が「強」の人は、先や周りが良く見えるので、トラブルは少ないかもしれません。

でも、見えすぎて、動けなくなる事もあります。

逆に、名誉運が「弱」の人は、先や周りを気にしないので、周りにストレスを与えてしまうかもしれません。

でも、気にしない分、思いっきり動けます。

発明者なんかは、意外と「弱」が多いんです。

もし「強」なら、「こんなことしていても、 生活していけない・・・」と先読みして、研究をやめてしまうからです。

相手のタイプがわかれば、相手を理解しやすくなります。

「なんでこの人は」とイライラする前に、ちょっと姓名判断をしてみましょう。

「こういう数意だからか・・・」

と思えれば、納得できるものもありますし、タイプに合わせた付き合い方も考えられます。

占いは、コミュニケーションに役に立つツールなんですよ。

egaolife01