suui027

まず、地格の数意の出し方ですが、これはとても簡単です。

姓と名の「名」を構成する文字の画数の合計です。

例えば、

山田花子さん であれば

「花子」

7+3=10  地格は10です。

大久保友子さん であれば

「友子」

4+3=7  地格は7です。

このように出します。

この性格判断は、生まれて最初に戸籍に入った姓名で判断します。

結婚や養子養女などで姓が変った場合は、変る前の姓、つまり、1番最初に戸籍に登録された姓名で判断します。

地格の強弱でわかる事は・・・

行動力 活動力 決断力 発展的気性

トップ思考 実行力 押しの強さ

すぐに行動に移せる腰の軽さ

などです。

これらの内容が、数意が「強」であれば、性格的に強くでて、逆に「弱」であれば、性格的に控え目にでる、ということです。

「平」の場合は、「平均的」つまり、普通ということです。

ですから、もし、全てが「平」ならば、とても平均的な普通の人、という感じです。

suuihyou

では、具体的に説明しますと・・・

<地格が「強」の場合>

行動力・決断力に富む

トップ思考が強いほう

押しも強いほう

親思いで子ども思い

<地格が「弱」の場合>

腰が重い

ジックリト腰をすえて取り組むタイプ

動き出すのは遅くても、動き出したら継続できる

いかがですか?

自分でも気がつかなかった一面に出会えたかもしれませんね。

egaolife01