seimeishoukai1
姓名判断は、その名のとおり「姓名」がその人に与える影響を調べ、運気を推測していきます。

姓名判断は「名前」で判断するわけですが、この名前はとても大切なものです。

 

①名前は存在を決定する

 

この世の中に名前の無いものは存在しません。

新しい発見があれば、まず、必ず名前をつけます。

 

それどころか、存在するかどうかわからないものにまで、名前はついています。

UFO、ネッシーなどもそうです。

存在しているものはすべて名前があります。

 

逆に、名前が無いということは、存在していない、ということになります。

つまり、名前は「存在」を決定する大切なものです。

 

あってはならないことですが、昔は子供を他の人に勝手に預ける(一般的には捨て子といいますね)時に、必ず名前をつけて勝手に預けました。

ところが、最近は、名前をつけずに捨てる人が増えてしまいました。

 

名前をつければ「勝手に預ける」ですが、名前をつけなければ「捨てる」です。

この違いは、名前をつける、ということは、親はその子を自分の子供としての存在を認めているわけです。

 

名前をつけずに捨てる、ということは、親はその子の存在を認めていないという事になるんです。

ですから、親から名前をつけてもらった、というだけで、親から愛されている証拠ともいえます。

名前は、私が存在している事を決定する大切なワンピースとなります。

 

②名前は分身

 

名前は、その人を証明し、所有を決定します。

契約、登録、予約・・・すべて「名前」が必要です。

名前を悪用され、知らない間に結婚していた・・・なんてことも実際にあります。

名前はまさに自分の分身といえます。

 

③名は体を表し運命を誘導する

 

孔子の言葉です。

 

④姓名判断は親の愛情によって発展してきた

 

すこしでも子供に良い運気を持たせてあげたい、子供に幸せになってほしい。

子供の幸せを心から願う親の愛情から発展してきたのが、命名学であり、姓名判断です。

 

⑤「過去」「現在」「未来」をつなぐ

 

姓は家系、名は自分。

姓は親・先祖からいただき、名は自分自身であり、また姓は子供・子孫へとつないでいく。

「親と自分と子供」「先祖と自分と子孫」「過去と現在と未来」をつなぐもの。

それが姓名です。

 

このような大切な名前だからこそ、そこから運気を知ることができるのです。

姓名判断は東洋の思想である「陰陽五行説」を土台としています。

 

数意・吉凶・五行配列・陰陽配列・八卦象意などから鑑定します。

姓名判断は国によって判断の仕方が違います。

 

アルファベットの国と漢字の国では全く違いますし、名前に漢字を使う、日本・韓国・中国でも、その判断の仕方には違いがあります。

やはり、その国の名前はその国の鑑定法が合うようです。

 

日本で今主流の姓名判断は、明治の姓名学の先駆者 熊崎健翁先生の「熊崎式」が主流です。

天格・人格・地格・総格・外格の五格での鑑定法を最初に確立したのが、熊崎式だといわれています。

 

昭和に入り、内画法で有名な桑野式などの鑑定法を現れてきました。

現代では多種多様な鑑定法が発見されています。

 

当ブログでは、全く新しい運勢鑑定法「八卦推命」を紹介しています。

「八卦推命」は「生年月日」「姓名」「家」がもつ、それぞれの八卦(八方位)の運気を総合的に判断する鑑定法です。

egaolife01