suui014

占いにおいて、吉凶をどう解釈するかで、とらえ方が大きく変ります。

姓名判断で14画が「犠牲」という意味があります。
なにかと人の犠牲になりやすいわけです。

しかし、「犠牲」を「奉仕」と考えると、どうでしょうか?
「犠牲」も「奉仕」もやっている事は同じなんです。

14画には「母親のシンボル数」という意味もあります。
母親が子供にしている事って、犠牲といえば犠牲です。

でも、母親が「子供の犠牲になった」なんて、普通の母親なら言いません。
やっている事は「犠牲」でも、母親にとっては、それが喜びだからです。

14画を持った方が、その運気を、

・「犠牲」として活用するか
・「奉仕」として活用するか

それは自分で選ぶことができるんです。

「選択と解釈の自由」

人間にだけ与えられた能力を発揮できる人が、人生を大きく開運していると感じます。

14画は凶数です。

でも14画があれば、人に奉仕しやすいんです。
ですから、介護などの仕事をする人には、いい数とも言えます。

ただ、14画はストレスが溜まりやすいので、それが注意ですが・・・。

egaolife01