kazuyo1

私(野村章裕)の妻の野村和代のタイプ診断の結果は、【意寄りの「知」タイプ 楽観性】 でした。

一言で言うと、「孤独を愛する楽天家」 です。

意外でした。

私のタイプは、【意寄りの「知」タイプ 慎重性】ですが、同じ、「知」タイプでした。

感情(喜怒哀楽)が豊かだし、行動力があるので、てっきり「情」タイプか「意」タイプかと思っていたのですが。。

私は、じっくり考えて納得するタイプだけど、妻はサッと納得してパッと行動してボンと感情表現する。

慎重な私と楽観な妻の違いかな。

「孤独を愛する楽天家」の特性は、

社会の形式的なことはもとより、対人的にも気兼ね、気遣いがなく、他者とは一線を画した独自のスタンスをとりながら、自分らしさを追及していくタイプ。

ちょっと飛んでいるところがあり、人にどう思われれようと気にせず、はっきりと方向性を決めて進んでいくところがあるのでなるほどと思いました。

タイプ診断結果の項目の中で、私から見て当たっているなと思った項目を並べてみると。

・人と違った独自の人生を目指す人。我が道を行く。

・自分なりのオリジナリティーを大切にする。

・つねに冷静で客観的な見方と分析を心がけ、現在よりも未来を見つめながら行動していく。

・その場の雰囲気やしがらみなどによる判断を避け、常に、理論づけ、方向づけを行ってから行動する。

・常に客観的で冷静な分析を心がけ、現在よりも未来を見つめながら、目標の達成を目指す。

・楽天的で細かい事は気にしない。が、急がば回れ主義で同じ失敗は2度と繰り返さない慎重さあり。

・的確な事実の把握、分析、判断力にすぐれている。

・冷静な観察力と気分に左右されない行動

・将来の予見や洞察力にすぐれ、計画づくりに秀でる。

・人とは違う独自性を出し、人に甘えない態度。

・警戒心がなく、依存心、同情心もない態度。

・他人の目や社会、一般常識にとらわれない態度。自分のペース。批判されても動じない。

 

接し方・付き合い方のアドバイスとして、下記のことは参考になりました。

意識していきたいと思います。

・一時的ではなく、長い目で見て付き合う。
・腹芸せず、ざっくばらんな態度で付き合う。
・自分の考えや姿勢をきちんと伝える。
・細かいことを根掘り葉掘り聞かない。
・判らないことは必ず聞く。

 

言われて嬉しい言葉は、

「何でも良く知っている人ですね。」

「ものすごい洞察力ですね。」

「変わっているけど、個性的な人ですね。」

なので、褒め言葉リストに追加しよう。

 

言われて不快な言葉は、

「本当にカンが悪い人ね。」

「いつまでウダウダ考えているのよ。」

「優柔不断な人ですね。」

 

ですが、こんなことを言うことはないと思います。

真逆なことなので。

とてもカンがよく、直感力が優れているし、ぱっと決断する。(買い物以外は。値段を見てできるだけ安いものを選ぼうとして時間がかかっている)

ちなみに、家族のタイプを調べてみると、子供3人とも、知寄りの「意」タイプ で、長女と次女が 楽観性 で長男が 慎重性 でした。

意外です。

長男と長女は、「意」タイプですぐ行動するのは分かりますが、次女は、考えて行動するタイプなので。。

考えすぎて行動できないようになっているので、大分損しているかな。

行動的になるともっと良いところが出てくるだろうと思います。

私と長男は、慎重性で、妻、長女、次女は、楽観性です。

男性陣は慎重で女性陣は楽観的ということか。

いろいろと参考となるタイプ診断でした。

期間限定ですが・・・

↓この通信講座を無料お試しすると特典としてタイプ診断がプレゼントされます。

egaolife01