簡単だけど、なんかいい!! 評判の開運法を紹介します。

窓を開けて、「家の中に”良い気”を入れる」という方法です。

madofuusui01

窓の向きが吉方位になったときに、朝、窓を開けて空気と一緒に、開運の氣を家の中に入れるだけです。

窓だけでなく玄関のドアも意識するといいです。

「窓開け風水」の方法

簡単に説明すると、

・窓や玄関がどの方位を向いているかを調べます。

「向き」ですから、その場に立って、どちらを向いているかを調べるのです。

方位の調べ方は、方位磁石を使ったり、住宅地図から調べたりします。

・窓や玄関の方位が吉方位となった日に、窓や玄関のドアを開けて、「良い運気」を家の中に入れます。

吉のエネルギーが窓や玄関の方位からやってくる日は、積極的に「気」を取り組む意識を明確にして、窓や玄関のドアを開けます。

こうすることで、吉運を家の中に引き込むわけです。

方位の吉凶に関係なく、朝、窓を開けて空気を入れ替えるのは、すがすがしいものです。

方位も少し意識して、窓を開けてみるといいですよ。

「窓開け風水」の実例

例えば、

窓の向きが「東」だとすれば、「東」が吉となる日に窓を開けるだけです。

朝、5時から9時の間がベストです。

開けておく時間は、長いほうがいいですが、寒い時などは、少しの時間でもOKです。

この方位は、その日の移動方位にも使えます。

毎日の吉方位は、移動方位にも使えますので、時間があるときなどは、2時間ぐらい移動して、2時間その場に滞在して、それから帰ってくれば、方位のエネルギーを、たくさんチャージすることができます。

方位の吉凶は、「時」と関わっているので移り変わります。

毎日、吉方位が変わるのです。

>>2018年1月の吉方位はこちら

egaolife01