人生の幸不幸を左右する「運」とは?

運が良かった」「危機一髪で助かった」「ツイてた!」と思ったことはありませんか?
日々のちょっとした出来事や、生死を分けるような体験など、生きていたら何度か、「運がよかった」という幸運について感じたことがあると思います。

逆に、「運が悪かった」「運悪く事故に巻き込めれた」「ツイなかった!」といった「運が悪かった」という悪運なことについても何度か経験しているのではないでしょうか?

最近では、無差別殺人や自爆テロなどによって一瞬にしてたくさんの人の尊い命が奪われたり、年間1万人以上の人が交通事故で命を落としていることを考えると、「明日は我が身」という気持ちになる人も多いかもしれません。

でも、ほとんどの人は「自分は大丈夫」と思っていると思いますが・・・

よく考えてみると、生きていれば、いつ・どこで・生死を分ける事件や事故に巻き込まれるか分かりません。「オギャー」と生まれてから、今現在まで生きているということだけでも奇跡的なことに思います。

テロ事件の起こった場所に行く途中に電車が遅れたり、車が渋滞して危機一髪で難を逃れて「九死に一生を得た」人がいた一方で、行く予定でなかったけどたまたま時間があって立ち寄って偶然、事件に巻き込まれた人がいるのも事実です。

このような偶発的なテロ事件などをみてみると、生きていく上で「」というものを考えざるを得ないです。また、生死を分けるほどではないけれども、人生の方向性に影響を与える大学受験などでも「運」が関わってきます。

身近な人の例ですが、試験ぎりぎりまで見直していた箇所が試験に出てうまく解答でき、絶対合格できそうもない希望大学に合格して「運が良かった。運も実力のうち」と喜んでいる人がいる一方で、試験当日に体調を崩して実力を出し切れずに、合格確実の大学受験に不合格となり、「運が悪かった。本来の力を出しきれなかった」残念がっている人の話も耳にします。

テロ事件のような生死を分けるような重大な事は滅多に経験することはないかもしれませんが、人生に影響を与える受験・就職・結婚なども「運」が関わってきます。また、日々の身近な事でもこの「運」というものに左右されているのではないでしょうか?

このような「運がいい」「運が悪い」ということは、好むと好まざるとにかかわらず日々の生活のなかで経験することです。

日々の努力や才能などと関係のない「」というものに人生を左右されるのはとても理不尽に感じることもありますが、「」が幸不幸に影響を与えているのは事実です。

人生で何か良い結果を出そうとするならこの「運」というものについて正しく知って、
「運」を人生に活かすことで豊かな人生を送ることができると思います。

人気ブログランキングに参加中!

記事を読んでくれた証拠に
ぽちっとクリックしてくれると
良いことがあります。
↓ ↓ ↓

egaolife01